ネット銀行を活用しよう

家計のやりくり

4月からTDLの入場料や食品など、いろいろなものが値上げしています。
銀行でも、みずほ銀行の振込手数料の値上げ、ゆうちょ銀行の振替料金や通帳・カードの再発行料金も値上げしました。

5月からは、三菱UFJ銀行でコンビニATMの利用手数料が、毎月25日と月末は無料(時間外は110円の値下げ)になりますが、それ以外の時間は値上げされます。

みなさんは、どのように銀行を使っていますか?
使い分けをしていますか??

店舗やATMの縮小や手数料の値上げなどありますが、上手に銀行を使い分けして損のないようにしましょう。

今回は、都市銀行でも地方銀行でもない、ネット銀行の活用について、紹介したいと思います。


なぜ ネット銀行なのか

みなさん 最近銀行を利用しましたか?
お金を引き出す時に、コンビニを利用しませんか?

メガバンクなどは優遇サービスを利用すると、月3、4回はコンビニATMから無料でお金を引き出すことができます。
しかし、優遇条件が一定額以上の資産運用や給与の受け取りなど、基準が高いケースがあります。

一般的な多くの銀行では、平日8:45~18:00などのATM利用は無料、それ以外の時間帯では110円~220円の手数料が発生します。

例えば、週に1回・月に4回、未提携のコンビニATMを時間外で利用した場合。

月4回×220円=880円
880円×12ヶ月=10,560円

ATM手数料だけで、年間「10,560円」も無駄なお金払っているんです。

これをATM手数料が無料になる銀行を選んでおくだけで余計なコストがかからず、その分を自由に貯金することもできます。

ネット銀行は基本的に店舗がなく、提携ATMを利用する必要があるため、コンビニATMとの提携してるネット銀行の場合、あらかじめ無料回数が設定されているケースもあります。

コンビニでお金を引き出す事が多い方は、ネット銀行を活用するとコストを抑えることができます。

私も活用しています

以前までは、メガバンクと地方銀行を使い分けていました。

ただ、近所にメガバンクのATMは少ないんです。
地方銀行のATMは徒歩圏内にあるので、貯金はメガバンクへ、その他の生活費などは地方銀行の口座と使い分けていました。

ただ、カードの支払いや引き落としなども兼ねていたので、お金の流れが分かりにくくなっていました。
それを解決するために、ネット銀行で口座を開設してみました。


食費や日用雑費などの1か月予算分だけを、ネット銀行へ預け入れすることにしました。

コンビニATMの引き出しが無料ですし、わざわざ銀行を探さなくても、コンビニならどこでもあるし、利用頻度の高いスーパーにも提携ATMがあるので、とても便利です。


それに、1週間分ずつそこから引き出して使うようにしたら、使い過ぎがなくなりました。

ネット銀行は金利もお得!!

いまやメガバンクの普通預金金利は0.001%です。
「ネット銀行のほうが高金利」というのは常識になりました。

例えば、あおぞら銀行BANK支店は、適用される普通預金金利は年0.20%で業界最高水準です。
しかもこの金利は特定のサービスをするなどの条件はなく、口座を保有しているだけで適用されます。

高金利で、便利なネット銀行を選んで、銀行預金している間も資産を有効に活用しましょう!

生活パターンや貯金方法、ATM利用状況などを踏まえて、ネット銀行の利用を検討してみて下さい。

おすすめネット銀行

(クリックすると外部リンクします)

楽天銀行
楽天会員なら「ハッピープログラム」にエントリーすると、ATM手数料が最大で月7回、他行への振込手数料が3回無料になり、楽天ポイントの獲得倍率が最大3倍になる。

イオン銀行
イオン銀行ATMが24時間365日手数料無料。回数無制限。
ローソン・ファミリーマートのATMが、ステージによって無料回数あり。
普通預金金利0.05~0.10%

あおぞら銀行 BANK支店
普通預金金利が0.20%で業界トップクラス!
ゆうちょ銀行ATMなら、入出金手数料が365日いつでも無料。

東京スター銀行
コンビニATMの出金手数料は無条件で月8回まで無料、他行あて振込手数料は簡単な条件クリアで月3回まで無料!
給与の振込口座に指定すると、普通預金金利が「0.001%⇒0.10%」に大幅アップ!


コメント