家計割合 黄金比率

管理と見直し

家計の見直しや予算を立てる時の参考にする家計割合。
もちろん家族の人数や年齢などによって、各世帯で変わってきます。
しかし赤字を解消するときや貯蓄率をアップする時などは、この参考値が現状の把握・改善に役立ちます。

今回は7000件の家計を立て直したファイナンシャルプランナー横山光昭氏の『家計黄金比率』を参考にして、世帯・年収別に項目別予算を算出しました。
ご自身の家計に照らし合わせてみて下さい。

世帯別 黄金比率

夫婦と小学生以下の子供がいる場合
食費14%
住居費25%
水道光熱費6%
通信費5%
こづかい10%
教育費10%
保険料6%
趣味・娯楽2%
被服3%
交際費2%
日用雑費2%
その他3%
貯蓄12%
夫婦と中・高生の子供がいる場合
食費15%
住居費25%
水道光熱費6%
通信費6%
こづかい10%
教育費12%
保険料6%
趣味・娯楽2%
被服3%
交際費2%
日用雑費2%
その他3%
貯蓄8%

夫婦2人と子供1人の3人家族の設定

手取り収入 25万円の場合

夫婦と小学生以下の子供がいる場合
食費14%35,000
住居費25%62,500
水道光熱費6%15,000
通信費5%12,500
こづかい10%25,000
教育費10%25,000
保険料6%15,000
趣味・娯楽2%5,000
被服3%7,500
交際費2%5,000
日用雑費2%5,000
その他3%7,500
貯蓄12%30,000
合計100%250,000
夫婦と中・高生の子供がいる場合
食費15%37,500
住居費25%62,500
水道光熱費6%15,000
通信費6%15,000
こづかい10%25,000
教育費12%30,000
保険料6%15,000
趣味・娯楽2%5,000
被服3%7,500
交際費2%5,000
日用雑費2%5,000
その他3%7,500
貯蓄8%20,000
合計100%250,000

手取り収入 35万円の場合

夫婦と小学生以下の子供がいる場合
食費14%49,000
住居費25%87,500
水道光熱費6%21,000
通信費5%17,500
こづかい10%35,000
教育費10%35,000
保険料6%21,000
趣味・娯楽2%7,000
被服3%10,500
交際費2%7,000
日用雑費2%7,000
その他3%10,500
貯蓄12%42,000
合計100%350,000
夫婦と中・高生の子供がいる場合
食費15%52,500
住居費25%87,500
水道光熱費6%21,000
通信費6%21,000
こづかい10%35,000
教育費12%42,000
保険料6%21,000
趣味・娯楽2%7,000
被服3%10,500
交際費2%7,000
日用雑費2%7,000
その他3%10,500
貯蓄8%28,000
合計100%350,000

理想割合との比較 注意点

理想の割合との比較

この割合を基準にしてどれくらい使っているのかを把握しましょう。
極端にオーバーしている項目などありませんでしたか?
もちろん家族構成で割合が多くなってしまうこともありますよね。

家計改善をする上で、基準を我が家のバランスにしてしまうと、改善する点が見つけにくくなってしまいます。
この基準を知ることで、現在の収入で何にどれくらい使えるのかを知ることができます。

そして使えるお金は限られているので、どうしてもオーバーしてしまう項目がある場合は、他で調整して全体のバランスをとるようにして下さい。
そうすることによって、赤字を解消でき貯蓄生活につながります。

たとえば、年収200万円の世帯よりも年収500万円の世帯の方が、貯蓄が多いと思われるかもしれません。
収入が多ければ貯蓄の余裕もありそうですが、必ずしも貯蓄額が大きいとは限りません。

年収200万円でもきちんと家計をコントロールして倹約すれば、目的のため貯蓄できます。
年収500万円でも子供が私立へ進学したり、車や持ち物など高級志向になってしまえば、もちろん家計は火の車になりえます。

黄金比率はあくまで目安ですが、これを基準にして全体をみてバランスを調整すること。
これを常に意識できるようにして下さい。

注意点

子供の人数や成長とともに割合が大きくなってしまう食費。
成長期にはしっかりとした栄養をとらせてあげたいですよね。
もちろん増えてもいいですが、多くても7万円を限度にやりくりしましょう。
買い物の回数をへらしたり、キャッシュレス還元やポイントなども活用しましょう。

それと子供が携帯電話をもつようになると通信費も増えてしまいます。
格安スマホやキッズスマホなど節約できる方法をまずは検討して下さい。
多くても7%以下を目安にして、趣味や娯楽費・交際費などで調整します。

あくまでも調整は、支出項目の中で行います。
貯蓄分はしっかり確保しましょう。生活費は収入から貯蓄を差し引いたお金でやりくりをします。
貯蓄が0になることのないように。

この基本は忘れないようにしましょう!!



コメント