住宅購入でお得になる税金

お得な制度・税金

人生で最大の買い物といわれる住宅購入ですが、税金がお得になる制度があります。
手続きが必要であったり、申請期限があったりしますので、対象となる制度がないか事前に確認して下さい。

住宅ローン控除 概要

  新築中古リフォーム
一般住宅の
住宅ローン減税
最大減税額
  400万円
低炭素住宅の
住宅ローン減税
最大減税額
  500万円
××
長期優良住宅の
住宅ローン減税
最大減税額
  500万円
××

一般の住宅ローン減税

ほぼすべての住宅が対象となります。
納税者本人の合計所得が3000万円以下であること。
返済期間が10年以上の住宅ローンを利用していること。

夫婦共有名義の場合、それぞれがローンを組んで持ち分を取得したときには、どちらも住宅ローン控除の対象となります。

控除期間は最長10年間で、年間最大控除額は40万円

控除額は
・住宅ローン残高の1%
・所得税額+住民税額(上限136,500)
・最大控除額 40万円

この中で一番低い金額分が、控除されます。

低炭素住宅・長期優良住宅の住宅ローン減税

耐震・耐久・省エネに優れた住宅が対象となる。
基本的要件は、一般住宅の住宅ローン減税と同じ。
最大控除額が、年間最大控除額が50万円。10年間で最大500万円になる。

※消費税10%増税にともない、控除期間が13年に延長されます。
11~13年目は
・住宅ローン残高の1%(上限50万円)
・建物購入価格(上限5000万円)×2%÷3

いずれか低い金額が、控除されます。

不動産取得税の軽減

  新築中古リフォーム
新築住宅の
不動産取得税軽減
最大 36万円××
長期優良住宅の
不動産取得税軽減
最大 39万円××
中古住宅の
不動産取得税軽減
最大 36万円××
買取住宅の不動産
取得税の特例措置
最大 36万円×中古+〇

不動産取得とは、不動産を取得したとき1度だけかかる税金です。
原則として住宅にかかる不動産取得税は3%、土地は3%が適応されます。

固定資産評価額×3%=不動産取得税が基本です。

新築の場合
固定資産評価額−1200万円×3%
1200万円の3% すなわち36万円軽減されます。

新築で長期優良住宅の場合
固定資産評価額−1300万円×3%
1300万円の3% すなわち39万円軽減されます。

中古住宅の場合
固定資産評価額−1200万円×3%
1200万円の3% すなわち36万円軽減されます。

買取住宅の特例
中古住宅を一定の性能向上リフォームされた居住用住宅を取得したとき、不動産取得税が軽減されます。
固定資産評価額−1200万円×3%
1200万円の3% すなわち36万円軽減されます。

固定資産税の軽減

新築住宅に課税される固定資産税についても、軽減を受けられます。

住宅用家屋の固定資産税
令和4年3月31日までに新築された住宅に対して適用されます。

戸建て住宅の場合
3年間 固定資産税額の1/2を減額

マンション等
5年間 固定資産税額の1/2を減額

新築長期優良住宅の場合
5年間 固定資産税額の1/2を減額

減税や軽減特例を受けるには、手続きが必要となります。
住宅購入には、さまざまな手続きがあるので混同しないよう、しっかり理解しておきましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


ココナラにて、家計相談はじめました。
お気軽にお問い合わせください。

FP主婦が毎月のやりくり、家計改善のお手伝いします 現状を見える化して、家計の見直しや貯金方法などをアドバイス

コメント