お金の管理を続けていくためのポイント

管理と見直し

こんにちは。お金の管理は順調に進んでいますか?
今日は私の経験をふまえて、続けていくためのポイントを紹介したいと思います。

続かない理由は...
・面倒になるから
・忙しくてゆっくりつける時間がない
・家計簿をつけても、なにも変わらない

などですよね。
まずは、めんどうにしなければいいんです。
ここからは、私が実際に試してみた方法です。

項目を多く作らない

とにかく続けていくことが第一優先なので、まずは最小限でOK!
固定費は毎月決まった金額ですから、変動費をどうつけていくか。


例えば〈食費〉〈日用品〉〈雑費〉〈特別費〉この4項目だけです。
毎月あるかないかくらいのものは、雑費としてまとめてしまいます。
冠婚葬祭や旅行などは、特別費とします。

注意点としては、まとめた項目の内容を、明確にしておくことです。

これなら時間もかかりませんし、レシートなどをおいておけば、毎日つけなくても大丈夫ですよね。

ざっくりいきましょ♪

一円単位で残高あわせなくてもいいです!そりゃ万単位で違っては困りますが...
まずはお金の流れを知ること。そして支出割合がどうなっているのか。
家計簿をつけはじめることで意識するので、それだけで『貯金にまわせるようになった』という方もいらっしゃいます。

続かない理由があるなら、続く理由がある

私の場合は、形からガッツリはいるタイプなので、時間の経過とともにモチベーションが下がってしまい、そのまま続かなくなってしまうんです。
実は、家計簿は続いているのですが、手帳は結局つかいきれないんですよね...。
手帳と一緒にふせんやシール、色ペンなども買って意気込んでしまうんです。
そして色鮮やかなのは5月くらいまでですね。笑

皆さんも自分がなぜ続けられないのか、分析してみて下さい。
おのずと続けられる理由がみつかるはずです。

【最小限の項目づくり】参考になれば幸いです。

次回は、先取り貯金について紹介します。

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメント